やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

塩にはいくつかの種類があった!天然塩、再生加工塩、精製塩の違いについて

塩にはいくつかの種類があった!天然塩、再生加工塩、精製塩の違いについて

日頃、家で使っている塩はどのような塩を使っているだろうか?

私は中学生のときの理科の授業で「塩化ナトリウム」=「塩」だと習った覚えがあるが、果たしてそれは本当なのか。意外に奥が深かった塩について、今回は調べてみた。

塩には大きく3種類ある

塩(厳密には塩の製法)を大きく大別すると以下の3種類になる。

  • 天然塩
  • 再生加工塩
  • 精製塩

では、それぞれ違いをみていこう。

天然塩

天然塩には、さらに3つに分類することができる。

1)天日塩(天日干しで塩を作る)
2)平釜塩(天日干しの途中から平釜で煮詰める)
3)岩塩、湖塩(岩塩は化石になるでの長い時間の間に多くのミネラルが失われてしまい、自然塩のように海水の成分がそのまま残っているわけではない)

意外だったが、岩塩はミネラルを失っている状態なのだ。

精製塩

天日塩を、海水を濃くした塩水で洗い、微量ミネラルを取り除いた後溶解され真空蒸発缶という装置で結晶される99%以上塩化ナトリウムは、原料は天日塩だが“精製”という化学的製法を経て、もはや天日塩ではなく“精製塩。

スーパーなどで売っている塩のラベルをみてみると「塩化ナトリウム99%以上」と書かれている

再生加工塩(再製加工塩)

再生塩は、主に輸入した高純度の原塩またはイオン交換膜法により作った塩を、海水で溶解加熱した塩で、この際ミネラル分が失われ、辛味が強くなるので、にがりやミネラルを加えて成分調整を行う。

後からにがりやミネラルを加えられたはずだが、「自然塩」として販売されていることが多い(自然塩という言葉の定義は今のところ曖昧のようで、にがりやミネラルが含まれていればよいようだ)
再生加工塩は、ピンクやオレンジなど、白色ではないものが多いようだ。

その他の塩

上記では主な3つの塩の精製手順について述べたが、もちろん他にも精製法はある。以下の図を見てもらいたい。

塩の精製法.gif

(画像:カンホアの塩様より)

上記で取り上げた主な3つの精製手順は、上の図の食塩の項目でいう青色の部分に当たるが、それぞれどういった工程で作られるのかわかると思う。

ミネラル成分が残っている塩を選ぼう

人間の体のミネラルバランスと海水のミネラルバランスは極めて似ている。可能な限り、食塩はミネラルが残っているものを選ぶようにすることをオススメする。

ラベル裏にはミネラルとは書いておらず、「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」と記述されているはずだ。

また、最近では放射能や海洋汚染の問題も出てきているので、海水の原産地にも気をつけた方がよいかもしれない。

[お知らせ]九州野菜通販のやお九州では、送料無料の九州の旬の野菜パックを販売中です。やお九州オススメの塩も同梱できます!是非お試しください。

The following two tabs change content below.
やお九州
九州野菜通販のやお九州です。 採れたての野菜のみずみずしいおいしさや、精米したてのお米のおいしさ、その土地でしか採れない食材のおいしさ、まだまだおいしさを伝えきれていない食材がたくさんあります。 それを地元や全国の全国のお母さんお父さんにお届けします!
やお九州

関連記事

    None Found