やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

天然農薬って知ってる?無農薬野菜でもあく抜きをしよう!

天然農薬って知ってる?無農薬野菜でもあく抜きをしよう!

皆さんは野菜を食べる際に、あく抜きをしているだろうか?
今回は、えぐ味も無く無農薬の野菜でも、あく抜きをした方がよい理由をお伝えする。

 
 

あく抜きをした方がよい理由

あく抜きを行う目的は大きく分けて二つある。

一つ目は、野菜のえぐ味や臭みや渋味を取り除き、お野菜の旨味だけを料理の際に引き立たせるために行うということ。現在、あく抜きをしている人のほとんどがこの理由で行っているはず。確かにゴボウなんかはあく抜きをしないとなかなか癖が強くて食べにくい印象。

二つ目は、野菜についている残留農薬や付着した化学肥料を取り除く。

ここで一つ質問したい。
二つ目の理由だが、無農薬の野菜であれば問題ないのか?答えはNoだ。無農薬野菜でもあく抜きをした方がよい。実は人口の薬品など使わずに自然に育った野菜には、天然農薬が付着している。

あく抜き.jpg

 

天然農薬とは

そもそも天然農薬って何?そんな疑問を持つ人が多いだろう。

ここでいう天然農薬とは、「生体防御たんぱく質 ( 感染特異的たんぱく質 ) 」と呼ばれるもので、カビや病虫害の被害から自身を守る” 免疫 “のような働きをする物質のことを総称して天然農薬と呼ぶことがあるようだ。(厳密に天然農薬という言葉があるわけではない)

植物も生きものである以上、病気や虫などに攻撃される可能性があれば、自らを守るために防御物質を作り出す。もちろん天然農薬は人間にも害がある。

では、どれほど人間に害を及ぼすのだろうか。

スクリーンショット 2015-08-26 22.31.52.png

 

天然農薬の野菜を食べた方がガンになりやすい

ずいぶん昔の研究なので今回は参考程度に紹介するが、実は農薬使用済の野菜を食べるよりも、無農薬野菜を食べる方がガンになる確率が高いという研究報告がある。

研究は米カリフォルニア大学のB N Ames博士らによるもので、当時52種類の天然農薬の発癌性に関して試験が行われていたが、その内の27種類の天然農薬に対して発癌性が発覚している。

日本でも近畿大学の研究グループが、無農薬の野菜を食べる方がアレルギー症状が出やすくなるといった研究結果を過去に発表している。

 

無農薬野菜でもあく抜きをしよう

上で取り上げた研究は、あくまで過去に実施されてきた膨大な研究の中の一つでしかない。その後の研究に関する情報量も少ないため、鵜呑みにせずにあくまで参考程度でみてほしい。

今回私がお伝えしたいのは、無農薬野菜でもあく抜きをしよう!ということだ。そもそもあく抜きの歴史は、食べ物が本来持っている有害物を取り除くことから生まれた下準備方法だ。

”あく抜き=えぐ味や渋味を取り除く”、と思っている人が多い現代だが、天然農薬などの有害物質のことも頭に入れておいてほしい。

[お知らせ]九州野菜通販のやお九州では、送料無料の九州の旬の野菜パックを販売中です。是非お試しください。

The following two tabs change content below.
やお九州
九州野菜通販のやお九州です。 採れたての野菜のみずみずしいおいしさや、精米したてのお米のおいしさ、その土地でしか採れない食材のおいしさ、まだまだおいしさを伝えきれていない食材がたくさんあります。 それを地元や全国の全国のお母さんお父さんにお届けします!
やお九州

関連記事

    None Found