やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

男でも簡単!野菜の王様「モロヘイヤ」のオススメレシピ!

男でも簡単!野菜の王様「モロヘイヤ」のオススメレシピ!

みなさんはモロヘイヤを日頃から食べているだろうか?

マルシェなどで野菜を販売していると、そもそもモロヘイヤがどういう野菜なのか、どのように食べたらいいのかわからないといった声をよく聞く。

そこで今回はモロヘイヤの特徴やレシピを少し紹介しよう。

 

野菜の王様「モロヘイヤ」

6月〜9月が旬のモロヘイヤ。
重病を患ったエジプト王が、モロヘイヤのスープを飲んだら回復したという故事があり、アラビア語で「王様の野菜」を意味する「ムルキーヤ」がモロヘイヤの語源となっているそうだ。

見た目からだと、そんなに栄養がありそうには見えないが実際はどうなんだろう。

64bfd9815bf0b112a3c308bdf54832c7_s.jpg

 

とにかく豊富な栄養素

実はモロヘイヤは、ほうれん草の2倍以上の栄養価があると言われている。どのような栄養素で構成されているか、簡単に調べてみた。

◯βカロチン
→体の免疫力を高めたり、動脈硬化の予防に繋がる

◯ビタミン類
→免疫力を高めたり、疲労回復を促す。抗酸化作用にも。

◯カルシウム
→骨を作る。イライラなどの抑制。

◯ムチン
→ネバネバの正体(食物繊維)だ。胃や粘膜を保護してくれるため、消化不良などを改善する。

 

オクラとモロヘイヤのネバネバ丼

モロヘイヤの栄養価がとにかく高いという話を学生時代にTVで知ってから、一時期、非常にお世話になった最強レシピがある。

その名も「オクラとモロヘイヤのネバネバ丼」だ

作り方自体は単純で、どちらも湯がいた後に叩いて潰し、めんつゆを入れながら混ぜて、あとはご飯にかけるだけだ。詳細は似たようなレシピを見つけたので、こちらから見てみてほしい。

このネバネバ丼を前にして空腹を我慢できる人は少ないはず!納豆やとろろ等を入れても美味しいので、ぜひ試してほしい。めんつゆ味に飽きたら薄めの醤油でも大丈夫だ。

 

家庭菜園では注意!モロヘイヤには毒がある

モロヘイヤは中近東地域が原産のため、とにかく暑さや虫に強いことから、家庭菜園で人気がある野菜だ。ただし、絶対に気をつけてほしいことがある。

成熟したモロヘイヤの茎には悪性の毒がある。ストロファンチジンと呼ばれるもので、吐き気やめまいを起こしてしまう毒なのだ。

農家さんなど、知識ある方にとっては見分けるのは容易いので普段流通しているものに関しては心配がいらないが、家庭菜園の場合、知識があまりない方が多いと思われる。家庭菜園のモロヘイヤは念のために茎の部分は食べずに、葉の部分だけを食べるようにしよう。

[お知らせ]九州野菜通販のやお九州では、送料無料の九州の旬の野菜パックを販売中です。是非お試しください。

The following two tabs change content below.
やお九州
九州野菜通販のやお九州です。 採れたての野菜のみずみずしいおいしさや、精米したてのお米のおいしさ、その土地でしか採れない食材のおいしさ、まだまだおいしさを伝えきれていない食材がたくさんあります。 それを地元や全国の全国のお母さんお父さんにお届けします!
やお九州

関連記事

    None Found