やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

大蛇の大群に守られている黄金のフルーツ「パパイア」

大蛇の大群に守られている黄金のフルーツ「パパイア」

南国宮崎特産品のフルーツといえば、マンゴーですが、マンゴーに続くフルーツとして私たちがオススメするフルーツがあります。

今回はそのフルーツを紹介するために生産者さんのところへお邪魔しました。

 

大蛇に守られている黄金のフルーツ

”大蛇に守られているという黄金のフルーツ”とも呼ばれるそのフルーツを求めて、生産者の田代さんに連絡を取り、指定された場合へ。

そこは宮崎県清武町の一見普通のビニールハウス。『いらっしゃい』と笑顔で迎えてくれた田代さん。田代さんの後ろをついて行き横に何棟も連なったハウスに到着しました。

”本当に大蛇なんているのだろうか?”と疑いながらもハウスの扉を開けた瞬間、いきなり腰を抜かすほどのニシキヘビの何倍を超える巨大な大蛇が何匹もハウス中に群がっていました。

 

黄金のフルーツ「パパイア」

目を凝らし見てみると大蛇の渦の中に黄色やまだ青い綺麗な卵を見つけました。これが噂の黄金のフルーツ!!恐る恐るハウスに足を踏み入れ、よく見てみるとそれは巨大な大蛇ではなく、地面を這うように曲げられた木でした。

もうお分かりの方がいるのではないでしょうか?そう!その黄金のフルーツの名は“パパイア”。『誘引栽培って言う栽培方法なんだよ』と田代さん。パパイアは元々暖かい地方のフルーツで冬場の温度、水量の管理を出来るようにハウスで栽培をしているそう。

しかし、縦に自然に伸ばしてはハウスを突き破ってしまう。そこで、試行錯誤の末、一本一本伸びては曲げ伸びては曲げを繰り返しパパイアを育てているそうです。

 

田代さんご夫婦の愛情が詰まったパパイア

もちろんパパイアを作り上げるにはこのくらいの苦労はまだまだ序の口。パパイアは葉っぱが少し当たったり爪が当たるだけですぐに傷がついてしまうような繊細なフルーツ。そんなパパイアを無農薬で、しかも田代さんご夫婦2人だけで作っているというからビックリです!

二人の愛情をたっぷり受けて育ったパパイアは栄養素もたっぷりで肝臓解毒力の王様とも言われています。

田代さんの作るパパイアは独特の香りがほとんどありません。パパイアの香りが苦手という方に是非食べて頂きたいフルーツです!

 

最後に田代さんご夫婦から一言♪

ぜひご興味がある方は食べてみてくださいね♪

[お知らせ]九州野菜通販のやお九州では、送料無料の九州の旬の野菜パックを販売中です。是非お試しください。

The following two tabs change content below.
黒木 さゆみ

黒木 さゆみ

宮崎県児湯郡新富町出身 1991年10月11日生れの天秤座 畑に直接取材に行き、宮崎こだわり野菜のPRと生産者の想いを消費者の方々へ伝えることに日々全力奮闘中。 生産者と消費者の一番の架け橋を目指している。
やお九州

関連記事

    None Found