やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

やお九州 冷凍焼けとの戦い

やお九州 冷凍焼けとの戦い

 

昨日に続き、

読売新聞の記者に話した、

やお九州を立ち上げてからの話を書いていこうと思います。

 

 

少なくて申し訳ないm(_ _)m

やお九州は、最初から、注文があったわけではありません。

資金も少なく、広告は打てませんでした^ ^;;

SNSや口コミで少しずつ増えていきましたが、

最初は本当に注文が少なかったです。

生産者へ野菜を注文する時、「いつも少なくてすみません」と

謝っていました^ ^;;

今でこそkg単位で注文しているものも、

当時は「2パック」とかでした。

今では笑い話ですが、当時は笑えない。。。( 笑)

ごくトマ

取扱量が少なかった当時から協力していただいた生産者は

大切な仲間だと思っています。本当に感謝です。

 

腐らない本や服をやればよかった

通販の経験はあったんですが、生鮮食品を扱い始め、

その難しさを痛感しました。

当たり前ですが、野菜って、腐るんですよ。笑

しかも、冷凍できない。

これ、通販でトップクラスの難しさなんじゃないかと。

 

クールで送ればいいんじゃないの?と思っていましたが、

「冷凍焼け」という冷やしすぎで起こる配送ミスもちらほら。

なんで凍るの?と、

配送業社さんにも大変迷惑をかけました。

丁寧に扱ってもらいすぎて、

冷気が当たるところに置いてもらったのが裏目に出たり、

荷物が多すぎて冷気の場所にたまたま置いてしまったり。

お客様にもご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

2012-04-23 05.26.46

本や、服、靴なら腐らないし、クール代もかからない。

箱の大きさに比べ、単価も高い、いいことだらけだなーと、

羨ましがったことが無かったと言えば、

嘘になります!

 

ここで諦めていたら、今のやお九州はありません。

諦めず、配送業社さんと協議をして

「冷凍焼け」が起こる確率を0.5%以下まで下げました。

 

それでも、まだ配送関係のミスは起こるんですが、

諦めず改善改良を繰り返していきたいと思っています!

 

無農薬、有機栽培はなぜいいの?

なんとなく、オーガニックとか、無農薬とかがいいのかなと

思っていました。なんとなく。

こだわり持って減農薬で作られている野菜と、

無農薬の野菜食べ比べますが、対して変わりません。

どちらも美味しい。

なので、調べました。

そしたら、オーガニック賛成派、反対派いっぱいいる!

個人的にも、なぜいいのか、悪いのかを腹落ちさせるべく、

農業の本はもちろん、分子学、生物学も読みました。

 

分子レベルの話まで落とし込んで、ようやく、

食べたもので体が作られるという原理原則に基づくと、

異物を体に入れることは、

まぁあんまり良くはないだろうと。

人間の健康だけを語るのではなく、

自然や環境中心に考えてみても、

たった70 年3世代で安全を語るのもロジックではないですし、

個人的に、

インディアンの教え「セブンス・ジェネレーション」

という言葉が大好きなので、

7世代先を考えてできるだけ抑えたほうがいいんだろうなと。

 

 

<血の濃さ>

本人100%
子供 50%
孫  25%
4代 12.5%
5代  6.25%
6代  3.125%
7代  1.5625%
8代  0.78125%

血の濃さは8代目には1%を切るので赤の他人と同じになる。
参照:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n6902

 

 

バランスも大事です。

戦後の食料不足、復興には農薬、肥料は必要だったんだと思います。

物事は、歴史から学べます。

豊かになり、経済中心に農業を進めるのか。

7世代先に残せる農業を進めるのか。

次のタイトルで書きますが、

農業と対峙して起業当初から、やお九州のミッションが

少しずつ変わってきました。

 

 

次回、

起業当初から変わってきた想い

これからのやお九州

書きますので、最後までお付合いくださいませm( _ _)m

The following two tabs change content below.
服部学

服部学

やお九州の代表。宮崎県出身。 教員免許も持っており、次世代のために奮闘中。
やお九州