やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

起業当初から変わってきた想い

起業当初から変わってきた想い

こんにちは、やお九州の服部です。

前回の投稿からずいぶんと時間が空いてしまいました。

タイトルには、「起業当初から変わってきた想い」とありますが、

前回(2016年1月)の記事を書いた時からも、ずいぶんと環境が変わってきました。

世界的に見れば、

イギリスのEU離脱、アメリカの大統領が変わり、

北朝鮮含めアジアの情勢も変わり、テロが各地で起こっています。

 

日本を見ると、

熊本、大分の地震があり、復興に力を入れる九州。

市場の移転や、オリンピックなど問題を抱える東京。

地方創生で盛り上がりを見せる地方、ふるさと納税で沸き立つ地方、

若手の育成に力をいれる地方。

今後の成長の兆しも期待できる一方、

限界集落、後継者不足、物流コストの高騰など地方の問題も深刻化してきております。

 

私事ではありますが、

2017年1月に、2人目の子どもが産まれ、家庭環境も変わりました。

「頑張れ!父ちゃん!」といった感じです。

世界情勢、日本情勢、家庭情勢

いろんな問題を抱えていますが、やお九州が解決すべき事は、何か。

それを常に考えながら、過ごしております。

 

さて、話を「起業当初から変わってきた想い」に戻しますが、

やお九州は、

1、安全で安心できる野菜、新鮮で美味しい野菜を全国の食卓へお届けする!

2、野菜を食べた方々に元気になってもらい、日本を元気な国にしていってもらう!

という想いで2011年にスタートしました。

創業から5年が経ち、6年目も半分を過ぎました。

お客様から「とても新鮮で美味しい!」「生産者によろしく伝えて!」など

多くのメッセージをいただいております。

起業して、多くの生産者に出会い、

3、宮崎、九州の生産者と一緒に農業を盛り上げていく!

という思いが強くなってきました。

 

そして、2014年に1人目の子どもができ、

4、この子達の時代に安全で安心、美味しいものを食べてもらいたい!

更に下の世代にも、安心で美味しいものを食べてほしい!

と、親として切実に思うようになりました。

 

今、我々の世代だけが美味しい思いをして、

子どもや孫たちは食べれない。

というのは、とても残念な未来だなと思います。

 

しかし、後継者不足などの問題はすでに起こっております。

子ども、孫、そして更にその先。

彼らにも、

安全で安心、美味しい食材を残していくためには、

1)安全で安心できる野菜を作る土地(場所、企業)

2)安全で安心できる野菜を作る生産者(新規就農者の増加)

が必要不可欠です。

 

やお九州がやっていく事は、

生産者を支える仕組み作り(食文化、消費者、物流)

これから、やお九州の仲間(スタッフ、生産者)と一緒に、

仕組み作りやっていきたいと思います!

 

次回

2016年4月に起きた熊本、大分の地震。

こちらの復興にもやお九州として何ができるのか。

The following two tabs change content below.
服部学

服部学

やお九州の代表。宮崎県出身。 教員免許も持っており、次世代のために奮闘中。
やお九州

関連記事

    None Found