やお九州マガジン | 安全な食品情報を届けるブログ

全国初!町全体で有機農業に力をいれる町「宮崎県綾町」

全国初!町全体で有機農業に力をいれる町「宮崎県綾町」

2012年7月、日本では32年ぶりにユネスコエコパークに登録され注目を集めている町「宮崎県綾町」(志賀高原・白山・大台ヶ原・屋久島に次いで5箇所目)。有機農業の分野では知名度が高く、関東・関西地区の百貨店等では、希少な高級農産物として綾の野菜が店頭に並ぶこともある。今回は改めて宮崎県綾町が注目される理由について調べてみた。食に携わるお仕事をしている方には特に読んでみてほしい。

 

全国初!自然生態系農業モデル都市「綾町」

宮崎県のほぼ中央に位置する「宮崎県宮崎市綾町(あやちょう)」は、農業を基幹産業とする緑豊かな農山村だ。国内最大規模の照葉樹の自然林が広がり、その中にある湧水は「名水百選」にも選ばれている。

化学肥料や農薬を用いることで経済的な効率性を追求した近代農業がもたらした歪みを正すため、綾町憲章「自然生態系を生かし、育てる町にしよう。」に基づいて、「自然生態系農業の推進に関する条例」を国内で初めて制定されたのが綾町だ。

12737608_624.v1437682377.jpg

 

自然生態系農業とは

自然生態系農業とは、自然の摂理を尊重し、環境資源との調和と共生を計る長期的自然農法のこと。

具体的に綾町がどういった取り組みをしているのか?
綾町の凄いところ……。実は農家単位ではなく町全体の取り組みとして、土づくりや種子の配布を無料で行っている!育った野菜には3色(金・銀・銅)のうちのどれかのシールが貼られ、シールは3段階の栽培環境レベルごと分けられているため、消費者にとっても安心できる仕組みとなっている。

スクリーンショット 2015-01-20 15.42.17.png

 

土がちがう!! なんと1973年からの取り組み

第二次世界大戦が終わり、高度経済成長期に突入し、化学肥料や農薬が日本に広がっていく中で、綾町はそれらの時代の流れに逆らって1973年から独自の取り組みを始めている。
過度な化学肥料や農薬によって壊れた土を元に戻すためには数年かかるとされているので、綾町のこれまでの活動には拍手喝采だ。

今では「綾ブランド」とも言われるほど1次産業の分野で名前が出てくる町だが、アジアを中心に海外の自治体からも注目をされているようだ。

e0280693_8584380.jpg

 

自然に恵まれた観光資源

綾町は決して農業だけが有名な町ではない。

1976年から90年まで町長を務めた郷田實さん(前町長)は「照葉樹林を伐採して木材を」という世の中の動きに徹底して反対し続け、日本一の照葉樹林を守り抜き、日本一の吊り橋「照葉大吊橋」を作った。いまや綾町だけでなく九州に欠かせない大きな観光資源となり、多くの観光客が足を運ぶ。

この夏休み、ぜひ家族みんなで綾町に足を運んでみてはいかがだろうか。
子どももきっと喜ぶはず!

ayanoshoha4.jpg

The following two tabs change content below.
やお九州
九州野菜通販のやお九州です。 採れたての野菜のみずみずしいおいしさや、精米したてのお米のおいしさ、その土地でしか採れない食材のおいしさ、まだまだおいしさを伝えきれていない食材がたくさんあります。 それを地元や全国の全国のお母さんお父さんにお届けします!
やお九州

関連記事

    None Found